恩納村現場1階土間配筋検査













昨日、恩納村の現場の現場の配筋検査に行ってきました。

配筋の検査の場合美しい配筋がされていれば、まず合格。

その後、鉄筋の定着やかぶりを細かく確認していきますが

配筋がきれいな現場は、大体手直しも少ない。

今回も気持のいい配筋でした。合格

手前の壁になっているところが擁壁で、

最終的に天端あたりまで埋め戻されていきます。

設計奮戦記

 










今日の現場風景

型枠屋さんが、擁壁の返しの枠を取り付けています。

今回は、外壁が打ち放しなので塗装型枠を使っていますが

仕上げがない分、一発勝負で、気を使います。